音漏れが防げる防音室|騒いでも気にならない部屋

一般住宅での工事の流れ

一般住宅の防音工事は、天井や外壁、内壁などの部位別に、順番に施工が行われます。特別な場合を除き、屋根に対しては防音工事は実施せず、在来の屋根をそのまま使用します。天井や外壁には在来の外壁の間に、2.5mm厚の吸音材と9.5mmの石膏ボードを挿入するのが一般的です。

部屋

学習室や書斎にも変身

ドラムの防音工事を行えば、自宅で思い切り練習できます。10代の子供が演奏する時は親御さんも安心ですし、夫が演奏する時も自宅で練習できれば不在がちになりません。ホームパーティーやカラオケも行うことができますし、工夫次第で色々な活用方法があります。外からの騒音も遮断されるので学習室や書斎にも最適です。

工事

業者探しが重要となる

防音工事をする場合、業者選びが重要となります。費用が安く、スピーディーに工事を終わらせてくれるところを探しましょう。口コミ情報が参考になります。また、一連の流れとしては壁や床に防音材を入れるので、多少の期間がかかります。

外に音が漏れなくなる

作業員

様々な用途で利用できる

自宅に防音室を造っておくと、何かと便利です。まず、その部屋で楽器を思い切り演奏できます。楽器の音は壁にぶつかって四方八方に響いてしまうものです。それが騒音トラブルに繋がってしまうことがあります。夜中に楽器を演奏したいという人こそ、防音室を造っておけば周囲に迷惑をかけずに済むので安心です。また、防音室は他にも様々な用途で利用できます。例えば、その部屋を子ども部屋にしてしまうのです。兄弟が多いと、子どもたちの声は混ざりあってうるさく感じられてしまうことがあります。近所に子ども嫌いの人がいれば、なおさら迷惑に感じられてしまうことでしょう。また、頻繁に子どものお友達がやって来るという場合にも、防音室があれば安心して思い切り遊ばせることができます。特に、自宅で保育所を開いているという家庭も最近は増えてきているので、子どもを預かるのなら防音設備を整えておいた方が安心です。防音工事は専門業者に依頼します。簡単に工事ができるだけではなく、最近は頑丈に行ってくるのでとても効率的です。費用は業者によって異なるので、よく比較してから選びましょう。もちろん、一室だけではなく、家全体を防音工事することも可能です。家全体ともなると費用はかなりかかります。とりえあず一室だけでいいのなら、まず、一室だけ試しに防音工事をしてもらいましょう。もちろん、工事の後は本当に防音になっているのかチェックします。楽器演奏の音が漏れないかなど、確認しましょう。